兵庫県三木市大塚1-5-89







当院では、人工呼吸器と上手く付き合い、患者様の生活の質を上げることを念頭に置き、
様々な職員のスタッフが専門分野を活かし、今後のケアについて意見交換しています。
また、人工呼吸器管理だけでなく、呼吸ケア全般の技術、知識向上の場でもあり、
チーム全体のスキルアップをはかり、呼吸療法認定士の取得にも積極的に取り組んでいます。



 
■活動内容 

①ラウンド
呼吸状態に問題のある患者様のラウンドをします。そしてリハビリスタッフ、 医師とともに
計画を立てます。

②お花見・森林浴
春・秋に他職種、時には事務・薬剤部に至るまで、病院一丸となって行う 呼吸器患者様対象
のレクリエーションを行います。

③院内勉強会の開催
病院全スタッフに対して、呼吸に関する勉強会を開催しています。

④広報活動(6月・9月)
院内・院外問わず活動を認知してもらうために、新聞を作成しています。

⑤カフアシスト※の導入
カフアシストという、呼吸筋力が低下した患者様へ使用し、喀痰効果を 得るための機械を
患者様の状態に応じて使用し、患者様の呼吸が楽に なるようにします。

⑥呼吸器患者様離床プラン
呼吸器を装着していても、日々のリハビリの中で歩いたり、車椅子に乗ったり、
時にはベッドのまま外の空気を吸いに出かけることもあります。
呼吸器装着の患者様のリハビリは、療法士だけでも、看護師だけでもできません。 他職種が
連携して初めて実現します。

⑦肺炎に対する取り組み
肺炎を起こしてしまった時には早期治療が鉄則です。スタッフは情報を共有し、 それぞれの
立場で介入できるプランを提案し、実施します。

※カフアシスト:非侵襲的に排痰の補助を行うことで、気道内吸引による気道への 負担を
軽減させます。また、排痰がしっかり行えるので、感染による 肺炎などの肺合併症の予防に
つながります。
 
■新聞(広報) 
 
 H29年 第2号


ページトップに戻る 


   
 医療法人社団 和敬会
 みきやまリハビリテーション病院
 〒673-0413 兵庫県三木市大塚1-5-89
【電車の場合】
 神戸電鉄 粟生線(恵比寿駅)下車
 徒歩12分 
【車の場合】

 山陽自動車道三木東ICより約15分

 山陽自動車道三木小野ICより約10分  
 TEL: 0794-83-3316
 FAX: 0794-83-2158

9:00~11:30
13:00~15:30 (皮膚科のみ)

土日・祝日
創立記念日(6月1日)

市立加西病院・市立西脇病院・JR加古川駅方面

無料シャトルバス運行しています。

  

 Copyright©2016 mikiyama rehabilitation hospital all rights reserved