兵庫県三木市大塚1-5-89
 



  看護部理念
  「信頼される看護・介護の実践」

  看護部教育理念
  専門職としてお互いを尊重し、常識的な接遇を身につけ協働できる、
  看護・介護職員を育成する。

  看護部基本方針
  私たちは、「笑顔と親しみやすさ、感謝の心」で患者様に安心を与え、
  信頼される医療サービスを提供します。

  看護部目標
  平成29年度 看護部目標
    1. 安全で安心な責任ある看護介護を提供します。
    2. 看護、介護のスキルアップを図ります。
      (eラーニングの視聴を習慣化します)
    3. 患者様を中心としたチーム医療を提供します。
    4. 個々のコスト意識を高め、経営改善に取り組みます。
    5.ノンテクニカルスキル(接遇)に取り組みます。 
 
 

 回復期病棟で働く看護師・介護士は、患者様それぞれの疾患に応じた全身の観察を行い、
 二次合併症の早期発見や再発予防に努め、患者様・ご家族様が安心してリハビリをすすめ
 られるよう、日々援助しています。

 

 私たち本館2階病棟には、神経難病の患者様が多く入院されています。身体的にも精神的
 にも苦痛・不安を抱えながら過ごされています。そこで私たちはチーム一丸となって、
 患者様の個性を尊重しながら、その人らしく過ごしていただけるよう援助しています

 

 当病棟には神経難病の患者様や、意識障害のある患者様が長期にわたり療養されています。
 私たちは、患者様の立場に立った看護を提供し、安全な療養環境の中で日常生活の援助を
 させていただいています。
ページトップに戻る 
 

脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳損傷、脳炎、急性脳症 、
脊髄炎、多発性神経炎、
多発性硬化症等の発症または手術後2ヶ月以内の状態
(算定開始から起算して150日以内。)
 ※高次脳機能障害を伴った重症の血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷の
  場合は、算定開始日から起算して180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折の発症または手術後2ヶ月以内の状態
(算定開始日から起算して90日以内)
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後
2ヶ月以内の状態(算定開始日から起算して90日以内)
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後1ヶ月以内の状態
(算定開始日から起算して60日以内)
股関節または膝関節の置換術後1ヶ月以内の状態(算定開始日から起算して90日以内)


重度肢体不自由者 身体障害者1級・2
脳卒中の後遺症の患者及び認知症の患者を除く
脊髄損傷
神経難病 多発性硬化症・重症筋無力症・スモン・筋萎縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症
ハンチントン病
パーキンソン関連疾患 進行性核上性麻痺 大脳皮質基底核変性症
パーキンソン病
(ヤール3以上で生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度のものに
 限る)
多系統萎縮症 線条体黒質変性症・オリーブ橋小脳萎縮症
シャイ・ドレーガー症候群
プリオン病・亜急性硬化性全脳炎・ライソゾーム病・副腎白質ジストロフィー
脊髄性筋萎縮症
球脊髄性筋萎縮症・慢性炎症性脱髄性多発神経炎 
もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)
筋ジストロフィー
重度の意識障害者 JCSでⅡ-3(又は30)以上又はGCSで8点以下の状態が2週間以上持続して
いる


脊髄損傷
神経難病 多発性硬化症・重症筋無力症・スモン・筋萎縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症
ハンチントン病
パーキンソン関連疾患 進行性核上性麻痺 大脳皮質基底核変性症
パーキンソン病
(ヤール3以上で生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度のものに
 限る)
多系統萎縮症 線条体黒質変性症・オリーブ橋小脳萎縮症
シャイ・ドレーガー症候群
プリオン病・亜急性硬化性全脳炎・ライソゾーム病・副腎白質ジストロフィー
脊髄性筋萎縮症
球脊髄性筋萎縮症・慢性炎症性脱髄性多発神経炎 
もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)
筋ジストロフィー
重度の意識障害者 JCSでⅡ-3(又は30)以上又はGCSで8点以下の状態が2週間以上持続して
いる

                          ページトップに戻る 



 入院相談は予約制となっておりますので事前にご連絡ください。
 地域連携室直通電話 : 0794-83-7722
 相談受付時間 : 月~金曜日 午後1:30~3:00
 入院相談時にお持ちいただくもの : 保険証 診療情報提供書 CT・MRIなど  
 入院日は入院相談後、決まり次第ご連絡いたします。



 入院当日は午前10:30頃に来院いただき、下記の物を受付にてご提示ください。
 保険証・各受給者証・介護保険証・退院証明書・誓約書および提出いただく書類・
 印鑑・お薬



 お食事は治療の一環として大切ですので、病院にて調理したものをお召し上がりください。
 患者様への飲食物のご持参は主治医にご相談ください。



 入院費は毎月末で計算し翌月の10日頃に請求書を送付しております。
 請求書にて金額をご確認の上受付にてご精算ください。
 受付時間 : 月~金曜日 午前9:00~午後4:30
 なお、お支払いの際に保険証を受付にご提示ください。



  本館2階:午前11:00~午後7:30
  新館2階:午前11:00~午後7:30
  本館3階:午前11:00~午後7:30
 ※上記面会時間内であってもリハビリなどで患者様が病室に不在の場合があります。

 酒気を帯びての面会はお断りします。
 患者様への飲食物のご持参は主治医にご相談ください。
 院内での携帯電話のご使用は周囲の迷惑にならないようご協力下さい。
 院内にペットを連れて入れません。



 当院は敷地内禁煙となっておりますのでご了承下さい。
 災害などの緊急時は職員の指示にしたがって行動してください。
 入院中に携帯電話などの電気製品の持ち込みは医療機器に影響を及ぼすことがあります
 のでご遠慮ください。



 療養中のお悩み事や苦情、退院後のことについての相談がありましたら、当院には専属の
 相談員(医療ソーシャルワーカー)がおりますので、ご相談ください。



 洗面用具・髭剃用品・ゴミ箱・ナイロン袋・ティッシュペーパー・下着・肌着・靴下
 病衣(パジャマ)・訓練着(トレーニングウェア)・靴(運動しやすい靴)  など
  ※その他必要物品があればこちらからお伝えしますのでご準備をお願いします。
  ※患者様の持ち込み用品の不足に関しては病院職員での管理はできかねます。
   必要物品の補充は患者様・ご家族様での自己管理をお願いしております。



 入院時の携帯品につきましては売店にてリース・販売を行っております。
 リース利用をご検討の方は売店までお気軽にお尋ねください。
 入院後にリースを申し込みいただくことも可能です。

                                  ページトップに戻る 
   

 

 

 


















 
 
 医療法人社団 和敬会
 みきやまリハビリテーション病院
 〒673-0413 兵庫県三木市大塚1-5-89
【電車の場合】
 神戸電鉄 粟生線(恵比寿駅)下車
 徒歩12分 
【車の場合】

 山陽自動車道三木東ICより約15分

 山陽自動車道三木小野ICより約10分  
 TEL: 0794-83-3316
 FAX: 0794-83-2158

9:00~11:30
13:00~15:30 (皮膚科のみ)

土日・祝日
創立記念日(6月1日)

市立加西病院・市立西脇病院・JR加古川駅方面

無料シャトルバス運行しています。

 
  

 Copyright©2016 mikiyama rehabilitation hospital all rights reserved